夜中にコンビニの配送センターでのバイトを続けながらの就職活動が厳しくなってきたころ、1件の募集表が目についた。
名前はカタカナのしゃれた社名で、結婚相談所?
時給制で、時間も勤務日も応相談となっている。
他のところより時給は安めだし、内容からもそれほど大手ではないことが一目瞭然だった。
また、パート募集とあったが、入ったらサクラで男の人に会わなきゃいけなかったりするのかな?なんて不安もあったけれど、職探しにも面接にも疲れ切っていたわたしは、そこで面接をしてもらうことを決意した。

約束の日の約束の時間。
ナビを打ち込んだ住所を頼りにたどり着いたところは、3階から上が住居になっているマンションだった。
1階には中華料理屋と雑貨屋さんに消費者金融のATM?
エレベーター横の階段を上がった廊下の突当たりにその事務所はあった。
ガラスのドアには社名がおしゃれにデザインされた半透明のシールが貼られていて、中は見えにくかったけれど、隙間から見える観葉植物の状態から、綺麗な事務所であるのは見て取れた。

緊張しながらドアを開けた・・・



Copyright(C) 2012 Matrimonial Center All Rights Reserved.






結婚のいい点

相手の選び方

結婚と同棲


「最近思うこと」

最近結婚しないのか、したいと思わないのか、出会いの機会がないのか、独身の男女が多くなりました。そして、不妊も昔より多くなって子供がほしいのに授からないって夫婦が他人事ではなくなりました。
このまま行くと、子供がだんだん少なくなって、日本の将来が心配です。









♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪
越前がに 通販
過ごしやすい秋晴れが続いていますね〜。
これから、だんだんと冷え込んできて、寒い冬がやってくるかと思うと、もともと冷え性の私には辛い季節なので、嫌ですが、カニが美味しい季節になってくるのは、うれしいです。
カニといえば、私は福井県の越前がにが大好きで、毎年、通販で取り寄せして、家族でかに鍋を頂きます。
かにってうちにとっては、高級なので、毎年1回くらいしか通販で取り寄せできないのですが、うちではお正月の定番です。
それから、冬になると福井県のかにが美味しい民宿へ泊まりに行くのですが、現地で頂く、かにの美味しさのとりこになっています。
かにの刺身なんて、この民宿で泊まって初めていただきましたが、その甘さに感動して、全部刺身でいただきたくなっちゃいました。

パソコン 修理
パソコンって便利ですよね〜!
パソコンが家にあるようになってから、字を書く機会がめっきり減ってしまいました。
まず、手紙を書くことが減りました。
暑中見舞いも年賀状も全部パソコンですっと出来ちゃって、見栄えもきれいなので、1.2行手書きで書き足すぐらいです。
あと、家計簿や、書類、アドレス帳、予定表なんか、すべてパソコンで打っています。
正確で早いし、見栄えがきれいで一度パソコンの便利さを覚えたら、もう手書きでいちいち書かなくなっちゃいました。
今どきは、履歴書もパソコンで作ってもOKだそうで、そうなると、応募動機なんかをちょこちょこっと変更しただけで、一度に印刷して何社にも応募出来ちゃって便利ですよね〜。
昔は、手書きで、間違ったら最初っから書き直しで、泣かされましたもの。
ただ、これが、故障しちゃうと、ほんと、どうしようもない。お手上げなんですね。
いろいろ触って逆にもっと悪くしてしまったら怖いので、パソコン修理は専門のところにすぐ電話して修理してもらっています。

結婚した専業主婦の友達から、一度家に遊びにきてよ〜っていわれていたのに、ずっと忙しくしていて、ずっと引き伸ばしていました。。それから今の結婚相談所に就職して、必死で毎日くたくただったんです。やりがいはあるんですがね。 半年たってちょっと落ち着いてきたので、友達に会いたくなって、電話したら、週末は家族が家にいるから、平日ならゆっくり時間取れるから休みが取れたら、遊びにおいでと言ってくれました。それで、さっそく、会社に言って、初めての有給休暇をとりました。 久しぶりに彼女にあったことも会って、離したいことがワンサカ! 簡単なお昼を作ってくれると言うので、お菓子をお土産に訪れました。気心知れた友達と言うものは、ここ何年か時間が空いたのなんか関係なくとりとめもなく、お互い喋りまくって笑って、あっという間に時間が過ぎていきました。 チラッと柱の掛け時計を見たらもう6時!「あっ。もう帰らなくちゃ!ごめんね〜。話が盛り上がって時間忘れていた。夕ご飯作らなきゃいけないでしょう?ホントごめんね〜。こんな遅くなっちゃって。」彼女も時間が経つのをすっかり忘れてしゃべっていたようです。「ホントだ!もうこんな時間??いいわ、今日は外食にするから!」お姑さんと一緒に同居してないっていいですね〜。今日は外食にしよっと!ですんじゃうんですから。
話もとっても盛り上がって、久々におなかを抱えて思いっきり笑ってまた明日から仕事がんばろうって思えました。
専業主婦にもストレスはたまるんだから〜!って彼女は、言ってましたが、旦那さんに大切にされて幸せなのが伝わってきました。
彼女のような幸せな結婚を送れるよう、会員さん達が運命の人と出会えるよう、また、明日から、頑張ろう!


 
もうすぐクリスマスです!皆さんの家ではどんなふうに過ごされるんでしょうか。24日はほとんどの人が自分の家でクリスマスをゆっくりと家族で迎えるみたいですよ。ただ、その日でなくても、その近くの金曜日の夜から土日にかけては、カップルの方たちは、イルミネーションを見に行くそうです。ロマンチックで素敵ですね〜。習い事をして見える方は、そのスクールでも例えば英会話 名古屋の教室では、先生がサンタさんの格好をして、クリスマス会をするみたいです。みんなでわいわいゲームをしたり、話したりして楽しく過ごすのは楽しいものですね。クリスマスに何か企画してますか?って問いにはほとんどの人が何かしら考えてみえるようです。子供さんがみえる家庭なら、美味しいクリスマス料理、ケーキを準備してプレゼントを準備しているところがほとんどです。サンタの格好をする人もいるのではないでしょうか。一時期はやって家庭の庭や家の周りのイルミネーションも少なくなってきたような気がしますが、変わらず、とても明るくきれいに飾ってある家もありますね。子供さんのためなんでしょう。子供の頃、誕生日が12月、1月の子で、誕生日のケーキやプレゼントが、クリスマスに近いから一緒にされるのがいやだって言っていた子がいましたが、ホントだよね〜って共感したのを覚えています。誕生日のケーキとプレゼント。クリスマスのケーキとプレゼントは別々にして欲しいですよね〜。クリスマスにプレゼントをもらう時にさけたい物は、クリスマスのマスコットが入ったもの。だって次の日からは、お正月用品一色なんですよ!どこに行っても。だから、クリスマス関係は、クリスマスの日が終わると同時に撤収!!クリスマスプレゼントはクリスマスと全然関係ないものがいいですね。カップルの女性ならアクセサリーが一番多いそうです。


 
70〜74歳の高齢者の医療費が現在、特例的に1割に据え置かれて1割のままでしたが、小泉政権の時に法改正で、2割負担に引き上げになるはずだったのが、ずるずると据え置き状態のままきています。この1割の差を埋める為に年間2千億円の税金が使われているそうです。今年4月にこの特例措置は廃止にするという財務、厚生労働両省案を退け、与党は、1月7日、また、2013年も特例を継続する方針を決めました。据え置くとなれば、その税金はどこから捻出するんでしょうか?現役で働いても賃金が上がらないのに、税や部下だけは高くなっていき、また、子供が大学を出ることが普通になってきた世の中で、子供を抱える世帯は必死に子育てしつつ、切り詰めて生活しているのに、この年間2千億円もの税金を負担しているのは、どういったものでしょうか。これには、政治的背景が大きく絡んでいると知って、何のための政府なんだろうと思います。本来、一番に行くべきところに税金を使ってほしいものです。これからの、未来を支える子供達を支える税金の使い方をしないと、日本の未来はないのではないでしょうか。現在の平均世帯収入では、子供二人をかかえてやっとやっとです。子供を3.4人運で育てられる社会にしていって欲しいですね。仙台 漢方薬でも、医療費控除の対象とならなければ、高くてなかなか手がだせないのですが、医師の指示に基づいて購入する漢方薬は、医療費控除になるので、使いやすいですね。医療費の控除の対象に当たるかどうかの判断は、治療や、療養のための購入であり、薬事法に定める医薬品であるかどうかです。病気の治療のための薬であることの証明が必要になりますが、治療または療養に必要かどうかは医師が判断します。そういえば、漢方薬の販売店で、カウンセリングをしてもらったら、舌をみせて体質チェックをされたと友人が言ってました。普通の内科などの医者と違って、体質を基本にするのが、漢方なんだそうです。で、その体質に合わせて、漢方を調剤するそうです。


週二回ゴミの日がありますが、そのゴミで処分できないものって、溜まっていってしまわないですか?うちでいうと、ラジカセ、洗濯機、自転車、トースターが壊れたまま処分しなきゃと思いながら、なかなか面倒で家に置いたままでした。お隣の方が、不用品処分するけど、あなたの家はない?もしよかったら一緒にもっていってももらわない?って誘ってくれました。このチャンスを逃す手はないです。洗濯機なんて邪魔で邪魔で仕方なかったんですが、これでやっと肩の荷が下ります。不用品回収 福井県の業者に電話してもらって、見積もりの金額を教えてもらいました。洗濯機は、リサイクル料金がかかるそうです。他にも、テレビや冷蔵庫、乾燥機、エアコンなんかはリサイクル料金がかかるそうです。ココの業者はほかにもいろんな仕事を請けてくれるみたいで、近所の方がなくなったときに、「遺品整理」を手伝ってもらったっていってました。家族だと、感情が入ってなかなか進まないので業者さんに入ってもらって思ったよりも早くすっきりとしたって言ってました。もう亡くなられていない方との区切りをつけるためにも遺品は早めに整理したいものです。家庭の中でちょっと人の手が借りたいって時ありますが、そんな時に電話してきてもらえると助かりますね。家の整理や高いところの掃除なんて歳をとって見える方には難しいことってあります。へたして汚しても困りますから、便利屋さんにお願いしてみるのも手です。

家を建ててからずいぶんたって、そろそろ使いにくくなってきたり、痛んできたりして、リフォームを考えて見える方も多いかと思いますが、リフォームする際に業者さんの持ってくる資料や、施行例の見本などを参考にするのは大切ですが、自分がこれからどんな生活をしていくことになるか、していきたいかが大切ですので、目先の事だけでなく、将来の生活を見据えて考えてリフォームしたいです。将来同居するのか、夫婦二人ですむのかでも違いますよね〜。将来の家族構成で、ずいぶん変わってきそうです。家のリフォーム代って高額になりますから、リフォーム後、後悔のない様にしておきたいものです。将来、恒例になった夫婦二人になるのだったら、大掛かりにはなりますが、部屋の改装もして段差をなくして、バリアフリー住宅にしてしまったほうが、いいですね。まだ体力があるうちにしておけばいざとなった時にも住み続けることができますし、慣れておけます。介護をしてもらうようになることも考えると、和室よりも洋室の方が、ベットでの介護が出来て、介護する側が動きやすいということも知っておかれるといいでしょう。段差をすべてなくすことと、廊下の幅を広く取ると、車椅子でもすいすいと動くことが出来て、生活しやすいです。リフォーム 仙台でされたある知り合いの方の家は、一気にバリアフリーにして、ドアも引き戸にして、ドアノブもふすまのように出っ張りがないようにして、手すりをあらゆるところにつけて、車椅子でも、杖をついていても、すべての部屋へ行き来できるようにしました。浴室は将来解除をしてもらうことも想定して、広くして、湯船に入ったり出たりする際に、つかまれる手すりもつけてもらっていました。その家に、ある時、車椅子のお友達を呼んだんですが、これはいいわ〜って感動しておられたそうですから、手をかけただけありますね。

暗いところでちょっとした電機がほしいって説きありますね。そんな時、懐中電灯があるわけでもなく、暗い中を手探りで探し探し、用を済ませたりしたものです。小さいペンライトがあれば便利ですが、そんな都合よくペンライトを持ち歩いているわけもなく、いざという時、ないんですよね。一番、困ったのが、花火を見に行った時です。河原で、花火を見ていて、帰るときにはあたりは真っ暗です。行きはまだ明るかったから、足元は気にならなかったんですが、帰りは真っ暗な河原で歩くのにとっても危険でした。そんな時に、一緒に見に行った子が、携帯電話のスマピで足元を照らしてくれたんです。小さい光でしたが、あんなに頼りになる光って感じたことがないです。光って大切ですね。あっ、スマピって何?って方も見えるかもしれないですね。スマートフォンピアスの略です。イヤホンジャックのところにさしこむ飾りです。初期の物が、形が、スワロフスキーがひとつ付いたピアスみたいだったので、そういう名前になったんだそうですが、イヤホンジャックとも言いますよ。私が一目ぼれしたのは、ハート型の赤いスワロフスキーがついたものです。これが、太陽の光を受けるとカット面がきらきらしてとっても綺麗なんです。うっとりです。パッと目に付いたのがそれだったんですが、他身のクローバーの形や、蝶の形や、さいころ型など、たくさん形がありました。

電気代がかかるものといえば、電子レンジやこたつ、アイロン、ドライヤーと、いろいろありますが、この電気代がかかる物が同時に使用したときにヒューズが飛んでしまいます。なので、夏や冬は気をつけて使っていますが、時々忘れて同時に使ってしまいます。大体うちでは、電子レンジ、トースター、アイロン、ドライヤーを使うときには気をつけるようにしていますが、それでも飛ぶことがあります。そのうちだんだんなれてきて、とんで、真っ暗でも、大体の位置を覚えているので、すぐに戻すことができるようになっちゃいました。ソーラーフロンティアみたいな太陽光発電機をつけたら、こういう一定以上の電流が流れるとストップするっていう機能はないのかな。ドライヤーで髪を乾かしていると、最近髪がずいぶんパサ付いてきたなって思います。歳をとると、髪が弱くなってくるのがよく分かります。髪の毛を健康にふさふさとつややかにする方法ってないんですかね。食事、頭皮マッサージ、シャンプーで予防するようにしていますので、その一部を紹介しようと思います。まず食事は、紙の主成分がたんぱく質ですから、良質のたんぱく質をとりましょう。納豆、豆腐、アーモンド、ほうれん草、白身の魚、ピーマンは頭皮にかかせないビタミンミネラルがたくさん入っていますから、積極的に食べるようにするといいでしょう。頭皮マッサージはシャンプー時にしましょう。頭皮の毛細血管をマッサージすることによって血流をアップさせ、血行をよくすると、髪の土壌がよくなって太くて丈夫な髪が生えやすくなります。頭皮環境をよくすることで、今の髪を守り、これから生えてくる髪を豊かに育ててくれます。

高校時代の友達から久しぶりに連絡があり、合コンに行ってきました。8対8の大人数だったのですがすごく楽しかったです。いろんな職種の人がいて人生観が少し広くなったような気がしました。そんな中大手企業のエンジニアをしている人が「オレの知り合いで結婚して3ヶ月なんだけど、もお離婚の危機の人がいるんだよね。原因はそいつの浮気なんだけどね」と言っていたのですが私の友達にも同じような子がいて付き合っている時にも浮気をされた事があるから結婚しても浮気されるかもと心配をしていたのですが、やはり人間の性格というのは死ぬまで直らないんですね。結婚して1ヶ月目で浮気をしているのではないか疑惑が上がったそうです。友達は周りの子に相談をして探偵 三重を勧められたそうです。今調査中だと言っていたのですが、彼女はそれを知った所で離婚はしないって言っていました。とりあえず事実だけは知っておきたいし、相手の顔が見たいからと言っていました。辛いですよね。好きで結婚してくれたはずなのに。形だけは夫婦でも気持ちは違う人なんですもんね。夫婦って一体なんなのか分からないですね。結婚制度が良いものなのかと最近疑問に思う事もあります。フランスでは結婚制度がなくなりつつあるそうです。離婚をするのが面倒くさいから、同棲して子供を産む人が増えているそうですよ。同棲カップルの間に生まれた子供でも受け入れる体制が出来ているみたいなので、安心して子育てが出来るそうですよ。私は結婚と言う束縛が嫌なのでフランスのような同棲カップルのような感じがいいですね。

僕が就職をする時は所謂「氷河期」という時期でまったく就職先がなかったのです。その数十年前まではバブル時代といってお金がありあまっていた時期で就職先も沢山あったみたいですが、その時代は派遣切りだのリストラなどひどい言葉が飛び交っていた時期でした・・。それから数年がたってようやく僕も就職をする事ができました。始めは会社設立 名古屋のような仕事をしたいな〜と考えていたのですが、結局就職をした会社は某トイレのメーカーで有名な会社の営業になりました。トイレといっても大手なので待遇はそこそこいい方です。最初は地元の中小企業に就職しようかと思っていたのですが、やはりそれでは一生やっていく事ができないと思い、途中で選択範囲を広め、都会に就職する事をきめました。そりゃあ一人暮らしなんてした事がなかったからとっても不安でしたよ。それに学生を卒業して、突然都会に出て就職をして住むなんて一気に環境が変わりましたからね。それでもなんとか適応する事が出来たらしく今でもその生活は続いています。仕事もかろうじて続いているのですが、結局その仕事が天職なのかどうかなんて今でもわかりません。今ここで一生懸命やる事だけが僕のこの仕事に対する情熱です。

婚期を逃してしまった友人が当時は条件がよくてかっこいい男性が現れるまで結婚は焦らないって公言していましたが、どんどん年齢を重ねていくたび、周りがどんどん結婚していってしまって今になってちょっと慌てているようです。で、今度婚活パーティー 名古屋で開催しているのに出てみるって言ってました。その後、昨日ですが、一緒に夕ご飯を食べながら、どうだった?って聞いたら、出会いがないないと思っていたら同じように出会いがないって思っている異性がたくさん来ていて、ちょっと安心したそうです。そして、なんと、理想に近い人と出会えたそうです。相手の人も彼女を選んでくれたので、カップルになったんだそうですよ。今度デートの約束をしたそうです。今どきは、婚活パーティーってどこかのビルの広間だったりもありますが、バス旅行しながらっていうちょっと楽しいのもあります。面と向かい合ってするお見合いよりも楽しいことをみんなでしながらだと、自然な姿でいられ、相手を選ぶときも緊張度がちょっと違ってアタックしやすいかもしれないですね。たくさんの異性がひとつの会場でするというパーティーが今まで一般的だったんですが、それだと一人ひとりとしっかり話が出来ないってこともあって、個室で10分くらいゆったりとお話しするっていうのもあるようですよ。その場合、会話が楽しかった、気があったって印象が後につながるそうです。

今年32になる兄の結婚が決まりました。兄は165センチあるかないかで、ひょろひょろの体。軟弱ではないのですがどっからどう見ても草食系男子と言う奴です。それに引き換え奥さんになる人は170センチで縦にも横にも大きい人でびっくりしました。とても可愛らしい人なので私もこの人が義理の姉になるのは嬉しいと思ったのですが、あまりにも兄との違いにびっくりしてしまったのです。兄のタイプは姉御肌の引っ張って行ってくれる人なんだなと実感しました。よく格安結婚式などを見ているとそういった見た目のギャップがある新郎新婦さんが写真にうつっているのですが、まさか身内がそれと肩を並べるとは思ってもみませんでした。とても可愛らしくて愛想もいい奥さんなので私は問題ないのですが、兄の趣味がはっきりと分かる相手だと思ってしまいました。きっと兄はふわふわしていてだらしない自分をまともな道に導いてくれる人を選びたかったのでしょう。これだけしっかりしている奥さんがついていれば安心だとうちの親も話していました。あとは結婚式が決まれば私はそれに合わせてドレスを用意するのみ。身内の結婚式って思えば20年ぶりくらいかもしれない。とても小さい時に親につれてかれてドレスを着て出席した記憶があります。その頃のドレスといったらふりふりのまるでお姫様のようなドレスでした。今はそんな物着れませんが、身内なので少しだけ可愛いものを選んじゃおうかなと思いました。せっかくドレスアップできる日ですし。こうゆう時しかしっかりとおめかしをする事ができないのでとてもワクワクしてきました。

あせって結婚しても良い事なんてないよと当時の友達の言葉を思い出しました。当時の私は結婚願望が強すぎて、付き合う人付き合う人すぐに求婚をしてそそくさと逃げられてばかり。こんなにも大事に大事に相手のために尽くしてきたのにいつも結婚の話題を出すと急に別れをつげる人ばかりなんですよね。何が駄目なんだろうといつも迷っているのですが、答えが分からなくていつも頭を悩ませていました。海外にいって出会いを求めた事もありましたが、いまいちまともに付き合える人とは出会えませんでした。挙句の果てに母親には結婚相談 仙台にいけと進められている始末でして。自力で見つけるにはもうしんどい年齢にまでなってしまいました。あせってけっこんしなくていいよと言ってくれた友達はそれを言った翌年にスピード婚をしたという衝撃事実がありますしね。なんだか私としては裏切られた気持ちで寂しく思いました。友達もまさか自分が私より先に結婚するとは思ってなかったみたいでとても申しわけなさそうに結婚式の連絡をしてくれました。いっそのこと忘れて欲しかったのに私が結婚したがっていた事なんて!今はもうのんびりと自分に似合った人が現れるまで待とうと思いました。もしかすると私も友達のように運命の人とばったり出会って交際数ヶ月で結婚なんてこともありえますしね!まだまだ結婚は諦めていませんよ。私には私の人生とタイミングがあるという事を理解しました。

微笑むこと。プラス思考になるにはどうしたらいいかって、簡単なことで出来る事って何からすればいい?って聞かれたら、こう答えます。外でも家でもね。楽しい事があったから、微笑むのではなく、常に微笑んでいること。これってなれないうちはちょっと難しいかもしれないですけど、自然にこれができている人っているんです。見ていて、何か楽しそうだなって思えます。実はうちの娘もそうなんです。普段から、なんか、微笑んでます。何か楽しいことあった?って聞くとビックリしたように、え?何も無いけど・・・?って答えるんですけどね、何か楽しいことを思い出しているのかなって思えるような笑顔なんですよね。そばに怖い顔をした人や、暗い顔をしている人がいたら、自分までなんだか暗くなってしまいますが、周りが常に、微笑んでいたり、笑っていたりしたら、なんだか、自分まで明るい気持ちになってきませんか。エルメス バーキンやブランドの服を身にまとった美しい女性でもこの微笑が無かったら、魅力は半減しますよね。逆に微笑んで楽しそうな女性は、それだけでとても魅力的で安心します。人生には上手く行かないスランプの時がある物です。これは仕方がない事で、何とかなるって思ってみましょう。人生は階段みたいなもので、階段には踊り場があります。毎回着実に登っていけるものではなく、この踊り場があるから、ちょっと休憩したり、万が一足を踏み外した時に、下まで転がり落ちないで、止まる事が出来るんです。この踊り場が無かったら、一気に下まで落ちてしまい、また一からですよ。頑張って階段を登っている人にだけこのスランプ、踊り場にたどり着くんですよね。こういう時は、気持ちを切り替えて、今は次の成長前の準備段階なんだって受け入れることで、プラスに考える事が出来ますよね。ある人が、私がスランプにあるときにこういう例えを教えてくれました。今、自分にかかっている、ストレス、批判は、風で、自分はヨットなんだって。ヨットは風が無ければ進むことができません。ですが、風の受け方を間違えれば、それに逆らえば、苦しいだけです。それに立ち向かうのではなく、すっと、それをすっぽり丸ごと受け入れてみると、進みだすんだよ〜。本当にそうなのかな〜。今、一生懸命風の受け入れ方を勉強中です。みんなよりはずっと遅いスタートでしょうが、進めばいいですよね。人生は人との競争ではなく、自分との戦いで成長するものですから。私はいきものがかりの歌がプラスパワー満載で大好きなんですが、「風が吹いている」という歌を思い出してしまいました。あの歌も、なぜか、体が軽くなって心も軽くなってのびのびと自分を出せるようなパワーをもっています。